夏コミ情報&レーベル印刷

こんばんは、yositaです。
久々のブログです。

■夏参戦告知!
いつも通り遅くなりましたが、
夏コミ4日目(8月12日)に参加します。
スペースは、
4日目 南モ21aです!
頒布物は、遅くなりましたが
女子高生探偵朝島美奈子の推理日記Ⅱを出す予定です。
多分、Unity版予定です。
後は勉強会関連で何か……。

■レーベル印刷夏コミ対応情報
同人ゲーム制作サポートの方ですが、
夏コミ対応情報を掲載しました。
http://dojingame-pj.info/rabel.html
時間や枚数次第ですが、夏コミ4日目当日お渡し可能です。

今日は告知お知らせ関連のみですが、
夏コミ頒布情報は固まり次第再度告知予定です。
では。

Unity勉強本紹介その3(C#とuGUI)

yositaです、前回に引き続きUnity関連のお役立ち書籍を紹介します。
1週間に1回は更新したい。。前回の記事はこちら
さて、せっかくなので今日も開発中の朝島美奈子の推理日記Ⅱ(Unity+宴)のスクショも載せておきます。 今日は、C#とUI系です 。

UnityではじめるC# 基礎編

・学べる内容
C#基礎と画像系オブジェクトの制御

特に良かった点
・脱出ゲームのサンプルが、ノベルゲームに近いところがあるので特に参考になります。
・UIパーツ系キャンバスやボタン系の制御パブリック変数(インスペクターで設定可能)の解説があり分かりやすい。
・地味にplayer prefs(ローカルセーブ)の解説も助かる。

・注意点
例によってUnityが初めての人には迷う箇所が多いので、Unityの基礎知識は必要かと思います。また、C#に関してもこの書籍のみで賄うのは厳しそうです。
前回の記事をご参照下さい。

今度はがっつりUIの本です
uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書-Unity5対応

・学べる内容
UnityUI(uGUI)の基礎
Imageの設定やプロパティ解説など自動レイアウトなどetc
UI系の内容を広範囲に解説しています。
ちなみに、Unity宴でUI編集するにはこの手の知識が必須になるようです。

特に良かった点
・もやっとしていたUI設定がすっきり分かる、画像も多く分かりやすい。
・毎回使うRectTransformの画像付き解説が役に立つ。

・注意点
例によってUnityの基礎知識は必要
また、UIは毎回1から作ることが多いわけではないので、 必要になったら都度参照する時に読む書籍です。

では、次回に続く!

Unity勉強本紹介その2(宴とC#入門)

yositaです、前回に引き続きUnity関連のお役立ち書籍を紹介します。
1週間に1回は更新したい。。 前回の記事はこちらです。
さて、せっかくなので開発中の朝島美奈子の推理日記Ⅱ(Unity+宴)のスクショも載せておきます。


さて今日は、宴とC#関連です。

Unity&宴「ノベルゲーム」開発入門  宴の唯一の解説本です。

・学べる内容
基本的な宴の使い方、UI編集、シナリオ(コマンド)記述、
主にUI系コンポーネントの設定などが学べます。
宴は公式サイトからも必要な情報を探せますが、一通り一冊にまとまっているのは使い勝手は良いでしょう。宴公式サイトはこちら

特に良かった点
・フォント取り込みの解説
・付属のPDFのボリューム、C#の解説など。

・注意点
宴自体は別途購入する必要があることと
宴の全ての機能が網羅されていない。
また、例によってUnityが初めての人には迷う箇所が多いので、Unityの基礎知識は必要かと思います。
前回の記事をご参照下さい。

少し方向を変えてC#の勉強用の本です。

スラスラ読める Unity C#ふりがなプログラミング

・学べる内容
Unity C#の基礎の基礎、クラスやらメゾットやら配列・変数・繰り返し制御など。 一つ一つのソースコードの説明が丁寧な印象です。プログラミング初めての人でもとっつきやすいかと思います。
C#の解説本は多いのですが、Unity+C#に特化したものはないので貴重な解説本です。Hello worldはUnityコンソールからはじまります。
C#特化だとvisual studioベースが多いような気がしますね。

・注意点
本のタイトル通り、平仮名での解説があるので癖はあります。
また、ある程度言語経験がある人は役に立つ内容は少ないです。 特にオブジェクト指向は初めてという人には役に立つと思います。

では、次回に続きます!

勉強会お疲れ様した&Unity勉強本紹介その1

yositaです、またしても久々のブログ更新です。

5月11日(土)無事、勉強会を開催することが出来ました。
参加者の方々&講師の方々、皆様お疲れ様でした!
次回は、9月~10月の予定です。

さて先日の勉強会でUnityの話が
役に立ったとお声をいただいたので
私のUnity学習参考書籍などを紹介します。
一応、読んだ所感や得られた知識なども記載していこうと思います。定期的に更新はしていきたいと思います。

また、Unity以外の書籍全般で言えることですが、
一冊で全てのスキル・知識を学ぶことは無理かなと思います。
自分がやりたいこと(得たいスキル)と書籍に載っていることが完全に一致することが少ないこと、
そもそもUnityのように出来ることが多い (機能が多い) のが原因かと思います。

前提
・ゲームは2Dです
・ターゲットはノベルゲーム(ADV)開発です。
・プラットフォームは、スマホ(iOS/Android)
・宴を利用しますが追加実装が必要な為、C#についてもそれなりに勉強しています。
・私、自身のスキルは平日の仕事では昔SE/PGをやっていたので業務システム開発経験はありますが、昔のこと且つ今はプランナー(企画職)なのでプログラミングの基礎知識を持っている程度です。

書籍紹介その1
Unityの教科書 Unity 2018完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

本当にはじめに一歩という内容です。

ざっくり学べたこと
Unityの基本知識

・画面構成(インスペクター、ヒエラルキー)
・Scnen
・Prefab
などなど。

C#の解説はありますが、かなり軽い内容且つピンポイントなので、
C#初めての人だと物足りない印象です。

当たり前ですが、書籍内で解説しているサンプルゲームを作り上げることで
理解を含めることができます。
最初はかなり面倒かも知れないですが、サンプルゲームくらいを
作れないと先には進めません!
一応、本のタイトルは「2D&3」とありますがほぼ2Dの内容です。
2Dの内容が多かったのも好印象でした。
ちなみに、書籍の付録素材のネコがいい味を出していました。

まとめ
Unityの初めての方にはおすすめ。
英語の画面が理解できるようになるはず!

次回に続く!